关于在日本,外国人创业相关重要事情

Avatar 梨歌 2022-03-30 230 次 0

关于在日本外国人创业签证的内容

外国人起業活動促進事業は、我が国の産業の国際競争力を強化するとともに、国際的な経済活動の拠点を形成することを目的とした制度です。

 本制度の実施にあたっては、外国人起業活動促進事業を実施しようとする地方公共団体が、外国人が起業準備活動を行うことを促進するための計画(外国人起業活動管理支援計画)を策定し、経済産業大臣の認定を受ける必要があります。

 認定を受けた外国人起業促進実施団体は、外国人起業活動管理支援計画に基づき、外国人の起業準備活動の管理・支援を実施することとなります。

外国人が日本で起業助成金をもらうことはできるの?

近年、スタートアップビザと呼ばれる外国人起業活動促進事業が新設され、外国人の方でも起業をしやすい環境が国内で整い始めました。
日本市場に開拓の余地があるサービスを展開するために、外国人がビジネスチャンスを求めて起業するケースが増加してきました。
起業するにあたって資金が必要となる中、日本国内で展開されている起業助成金は給付対象者となるのか疑問に思いますよね。

そこで今回は外国人が日本で起業助成金をもらうことができるのかについてお伝えしていきます。
そもそも助成金とは
助成金とは、雇用増加や労働環境改善を目的とした支援金を指します。
主に厚生労働省が管轄しており、給付対象者に該当していれば原則どなたでももらえるお金です。
助成金は、基本的に年間通じて募集しており、返済義務は基本的にはありません。
給付対象者は、各助成金で異なりますが、在留資格や経営管理ビザなど起業時に必要な資格があることが大前提となります。
また、助成金と似ているのが補助金です。
補助金とは、給付対象者の中から審査を行い、通過者のみに交付されるお金です。
さらに補助金は申請期間が決められており、その期間を逃しても来年も補助金申請募集があるとは限りません。
助成金と比較すると、審査と申請期間が定められているため、もらうにはハードルが高いお金です。
外国人が日本で起業助成金をもらうことはできるの?
給付対象者が定められている助成金ですが、外国人の方でももらうことは可能です!
日本に存在している助成金や補助金は、起業家の国籍に関わらず国内展開している会社の支援を目的としているためです。
次の章では数多くの助成金の中から外国人の起業家さん向けの助成金についてご紹介していきます。
外国人がもらえる起業助成金3選
今回は、外国人の方がもらえる起業助成金の中から、日本国内どの地域に住んでいても申請可能な起業助成金・補助金を3つご紹介していきます。
IT導入補助金
IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助する補助金です。
ITツールの例としてパソコンやタブレットなどのハードウェアのレンタル費用や、パソコンのセキュリティソフトなどのソフトウェアも補助対象となります。
2020年現在はコロナ禍のためテレワーク推奨や業務効率化・売上アップをサポートを目的として、補助金受給額は最大450万円最大補助率3/4と受給拡充を行っています。
IT導入補助金
中途採用等支援助成金(生涯現役起業支援コース)
中途採用等支援助成金(生涯現役起業支援コース)は、これから起業を考えている高年齢層(40歳以上)の方が給付対象者となる助成金です。
また起業に加えて、従業員(中高年齢者等)の雇用をすることで、その雇用や教育にかかる費用を厚生労働省から一部助成が受けられます。
このコースでは生涯現役で働くことを支援としているため、助成金を受け取った以降でさらなる生産性向上が認められると、追加でさらに助成金を受け取ることができます。
中途採用等支援助成金(生涯現役起業支援コース)
キャリアアップ助成金
キャリアアップ助成金は、有期契約雇用者のキャリアアップを目的として正社員化や処遇改善など実施した事業主に対して支給される助成金です。
キャリアアップ助成金は全部で7コースあります。
いずれも非正規雇用者を1人でも雇用しており、キャリアアップ計画書の提出と、キャリアアップ施策を実施すると給付されます。
キャリアアップ助成金
まとめ
いかがでしたでしょうか?日本国内で展開されている助成金は、日本で事業展開する会社向けのため外国人の方でも給付対象となるのはありがたいことです。国や市町村単位で管轄している助成金は、今後も変化する可能性があるため起業後でも情報収集をしていきいましょう。

創業融資制度および補助金制度

創業融資制度
1)公的融資制度
公的支援機関や政府系銀行が創業時の資金面をサポートする融資制度があります。日本人に限らず、外国人も対象となりますが、日本での滞在期間が短い外国人の場合、在留の安定性の面から融資のハードルは高くなります。創業計画書も所定の様式に日本語で記入する必要があり、相当程度の日本語力も求められます。外国人が創業する場合、自ら資金を準備して開業するのが一般的でしょう。
主な融資制度は以下の通りです。

制度名 創業支援融資保証制度 新創業融資制度
資金使途 設備資金・運転資金 設備資金・運転資金
貸付限度額 2,500万円 3,000万円(うち運転資金1500万円)
貸付期間 運転資金:7年以内 設備資金:10年以内 運転資金:5年以内 設備資金:15年以内
保証人・担保 法人の場合、代表者を連帯保証人とする 原則不要
相談窓口 東京商工会議所中小企業相談センター☎03-3283-7700 日本政策金融公庫国民生活事業事業資金相談ダイヤル ☎0120-154-505

※上記融資制度は平成27年に実施された融資制度です。ご利用にあたっては直近の情報をご確認下さい。

2)融資制度の例と関係機関の構図

3)外国人・外国法人への融資審査について
日本人・日本法人と同様に融資対象となりますが、外国人・外国法人に特徴的な審査項目として以下の点が挙げられます。

l 在留資格の確認 在留カードにより、日本国内で事業活動を行える在留資格を有していること。
l 事業の継続性の判断 日本での居住歴・業歴、配偶者の国籍、不動産の有無等から融資対象者の定住性を検討し、慎重に判断する。
l 外国人が代表者となっている内国法人(株式会社、合同会社など)は融資対象となるが、外国法人(日本支店)については融資対象とならない。

補助金制度
国や東京都では、創業を行なうにあたっては以下の様な補助金制度があります。

制度名 創業補助金 地域資源活用イノベーション創出助成金
補助対象者 起業・創業や第二創業を行なう個人、中小企業・小規模事業者向けに国が認定する専門家などの助言期間と一緒に取り組むもの 中小企業者および創業予定者他
補助対象経費 専門家との顧問契約のための費用、広告費等、創業及び販路開拓に必要な経費 商品の開発及びこれに伴う需要の開拓または役務の開発及びこれに伴う需要の開拓に要する経費
補助額 上限200万円 補助率2/3 上限800万円 補助率1/2
相談窓口 創業補助金東京都事務局☎03-3524-4668 (公財)東京都中小企業振興公社
 

本文由 梨歌 发布在 东京第一站(光之森)官网,转载此文请保持文章完整性,并请附上文章来源(东京第一站(光之森)官网)。

原文链接:https://www.tokyo1stop.com/924.html

0 条评论

无意义的评论将很快被删除,账号将被禁止发言。 发表评论 0/500
 
  1. 还没有任何评论,你来说两句吧